レンタルDVDを破損してしまった場合

うっかり、借りてきたレンタルDVDを破損してしまうというケースがあります。

SEO対策情報がリニューアルしました。

たとえば、レンタルショップからDVDを借りてきて、とりあえず床の上に置いた後に出掛けて、帰宅時に置いたことを忘れてケースの上から踏んでしまい、ケースごと壊してしまったといったケースです。

このような場合はどうすればいいのでしょうか。



レンタルDVDを破損してしまった場合、基本的に保険が使える可能性があります。
入会金や年ごとの更新料に保険料が含まれていて、補償してもらえるのです。

ただ、厳密にはすべての破損に適用されるわけではなく、回避できなかった事故などにより破損してしまった場合に適用されて、不注意で壊してしまった場合は適用されず、弁償しなければいけないということになっています。
つまり、留守中に地震があり、家具の上から物が落ちてDVDに当たり、それによってDVDが破損してしまった場合は補償されますが、不注意で踏んで壊してしまったという場合は弁償しないといけないということです。


ただ、実際に本部に報告するのはショップの店員なので、不注意による破損であっても、補償が受けられる破損して報告してくれる可能性はあります。

もし、弁償するとなった場合は、DVDが新作であっても旧作であっても、商品の定価を支払うことになります。

レンタルDVDには店が買い取って貸しているものと、店がリースをし、それを更に貸しているものがありますが、後者の方が弁償するお金は多くなります。

バンドの練習のためにレンタルスタジオを利用するという場合は、以下のことを実践して少しでも安い料金で借りるようにするといいでしょう。まず、バンドの中の誰か一人でいいので、レンタルスタジオの会員になりましょう。



というのは、大抵のレンタルスタジオは会員向けの料金と非会員向けの料金を分けていて、会員向けの方を安くしているからです。

会員になるためにはお金がかかる可能性がありますが、それでも、一年に数回利用すれば元が取れるでしょう。



次に、実際にスタジオで練習する時間帯は出来るだけ昼間から夕方ぐらいにして、土日、祭日は避けて平日を選ぶようにしましょう。
というのは、スタジオの料金は夜が一番高くなることが多く、また、土日、祭日も割り増しになることが多いからです。

カラオケもそうですが、社会人が入ってくる時間帯はどうしても高くなります。なので、その時間帯を避けた方がいいのです。



スタジオを借りる時間ですが、長ければ長いほど、一時間あたりの料金は下がります。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7582659.html

なので、一時間、二時間程度の練習を何度もやるよりは、八時間程度の長時間の練習をスタジオでやった方がお金は節約できます。

もし、学生などでスタジオ以外の場所でも練習できるのであれば、普段はそこで練習を行って、ライブ前日にリハーサルでレンタルスタジオを長時間借りるという風にするといいでしょう。

http://girlschannel.net/topics/268039/

また、当然ですが、ドラムを除いて楽器は必ず持参するようにしましょう。スタジオでも借りられますが、ドラム以外の楽器はレンタル料金がかかってしまうのが一般的だからです。

http://smany.jp/5331

関連リンク

半世紀以上の歴史を持つ作業服メーカー「ジーベック」


ジーベック(XEBEC CO.LTD)は広島県にある会社で、作業服の企画・製造・販売を行っています。創業は昭和23年、実に半世紀以上もの歴史を持っていおり、日本の作業服メーカーの中でも老舗と言える企業の1つです。...

無線機レンタルはネットで注文しよう


無線機をレンタルするならインターネットからお店を探して注文するのが早くて便利です。インターネットから無線機をレンタルする流れを簡単に説明すると、これは通販サイトで買い物をする時と同じであり、通販サイトショッピングで購入した商品を使い終わったら梱包して業者のところへ送る作業がプラスされるだけです。...